海外進出支援コンサルタント グローバル戦略立案、販路開拓、営業代行、貿易実務代行で貴社の東南アジア・インド・中国・北米・欧州等への進出を支援。50ヶ国以上をカバー、過去13年間で350件以上の実績。

北米販路開拓の報告【販路開拓支援事例】


 2019年3月17~22日で弊社クライアントが北米へ販路開拓の打ち合わせへ行かれました。クライアントはナノ粒子径測定装置のメーカー様で、今回フィラデルフィアで開催のPITTCON Expo.2019の期間に合わせての訪問となりました。

 

<サービスの概要>

プロセス 実施内容
事前準備
(約2.5ヵ月)
・代理店候補企業の基準打合せ
・代理店候補企業の調査
・代理店候補企業へのコンタクト
・代理店候補企業との打合せアレンジ
現地訪問
(6日間)
1日目 ・午後 フィラデルフィア着
2日目 ・夕方ボルチモアの指定場所で候補企業1社と打合せ
3~4日目 ・展示会場の指定ブースで候補企業2社と打合せ
5日目 ・午後 シカゴへ移動
6日目 ・午前 シカゴ近郊の候補企業2社と打合せ
・午後 帰路へ
フォロー
(約2週間)
・4社との打合せ内容のサマリー提示
・4社へ電話でのフォローアップ
・今後の交渉に際しての助言

 

<費用>
170万円程度 *旅費・宿泊費用は別途

 

<当ケースのポイント>

Berlin-image.png

 クライアントのターゲットはディストリビューター経由での自社ブランドとしての販売と、精密測定器関連メーカーとのOEMという二つの選択肢がありました。調査の結果、同分野におけるディストリビューターは少ないと判明したのですが、その中で特に積極的な企業1社と打合せをすることが出来ました。また、残り3社は精密機器関連のメーカーで、OEM条件でのビジネスに大きな興味を示され、具体的な数量、価格、仕様等の提示が求められ、今後の展開に期待できそうです。

 

<現地スタッフのサポート>
 今回現地でのサポートは弊社パートナー企業のAccess Asia LLCのジョナサンです。同氏は日本の大学及び大学院の国際学部で経営学コースを修了し、その後設立したAccess Asiaでは、日本、中国、韓国及び東南アジア市場と北米市場のB to Bのビジネス開発に特化し、商業、工業、消費財分野迄幅広い業種に精通していることから、クライアント及び候補企業に対して適切なアドバイスがされました。また、移動に際しては綿密な旅程表を作成し、効率的な移動ができた事に対しクライアントからは感謝されました。総合的に今回のジョナサンのサポートに対し、帰国後クライアントから改めて感謝の意が伝えられました。