海外進出支援コンサルタント グローバル戦略立案、販路開拓、営業代行、貿易実務代行で貴社の東南アジア・インド・中国・北米・欧州等への進出を支援。50ヶ国以上をカバー、過去13年間で350件以上の実績。

海外販路開拓

参入候補となる市場において、代理店候補・大手ユーザー候補の調査を行い、リストを作成します。そして各社に対して個別にアプローチを行い、取引の可能性を探ります。また、ご要望に応じてその後の営業窓口を代行し、代理店契約の締結や商談ごとのフォローまでを行います。

地域 対象市場
アジア 中国、香港、台湾、インド、韓国、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、タイ、マレーシア、ブルネイ
中東 イスラエル、アラブ首長国連邦、オマーン、カタール、ヨルダン
オセアニア オーストラリア、ニュージーランド
ヨーロッパ フランス、ドイツ、イギリス、スペイン、オーストリア、イタリア、オランダ、ベルギー、スイス、デンマーク、スウェーデン、ノルウェイ、フィンランド、ロシア、ハンガリー、チェコ、ルーマニア、ポーランド、アイルランド、ブルガリア、トルコ、スロベキア、スロベニア、エストニア、ラトビア、リトアニア、ウクライナ、リヒテンシュタイン、ルクセンブルグ
北米 アメリカ、カナダ、メキシコ
南米 ブラジル、チリ、アルゼンチン、ペルー、エルサルバドル
アフリカ 南アフリカ、コンゴ、タンザニア、マダガスカル、アンゴア、ボツワナ、ザンビア、ジンバブエ、モーリシャス、モザンビーク、ナミビア、ニカラグア、セーシェル、マラウイ、レソト

sales development.png

海外販路開拓の手順

 企業の海外進出の成否を決める大きな要因として、信頼できる現地のパートナー(輸出の場合はディストリビューター)の存在が挙げられます。そのパートナーをどのように見つけるかという方法論を誤ると、後手に回り、不利な条件を押し付けられ、失敗に終わる可能性が高くなってしまいます。

まず、一番多く目にするケースは持込み案件の1社に固執して、交渉と言うよりは押し問答になってしまい、結果、破談になるか不利な条件での契約締結になるというケースです。偶然の出会いが良縁である可能性も否定できませんが、理想はこちらの求める基準を定め、それに見合う複数候補をリストアップし、こちらから同時進行で商談を仕掛け、その中から最も信頼できる企業を最終的に選ぶというアプローチが最も合理的です。受け身ではなく、攻めの姿勢が多くの選択肢をもたらし、良い条件の獲得にもつながります。

海外販路開拓の手順

海外販路開拓の事例紹介

フィリピン/中古品
Philipines.png  2016年8月にフィリピンの中古品市場に関する調査を実施しました。取引先候補企業はWEBサイトをもっていないローカル企業が多く、日本からではなかなかターゲットを特定しづらかったのですが、現地パートナーは約30社近い企業をリストアップしました。詳細はこちら
中国/日本酒
China-Sake.png  2016年9月5日~7日で中国上海にて日本酒の販路開拓ツアーを実施し、弊社スタッフがクライアントである日本酒卸の代理人として、現地の酒類卸4社とオンラインショップ1社と商談し、小売店を数店舗視察しました。中国中間層の購買力が身に染みるツアーでした。詳細はこちら
アメリカ/消費財
Kitcehn.png  2016年3月前半、弊社クライアントがシカゴにて開催されたキッチン関係の展示会に出展されました。弊社のミッションは展示会を確実に成功させるため、適切な現地の代理店候補を事前に調査することと、展示会でブースに訪れた企業との交渉をサポートすることでした。詳細はこちら
インドネシア/産業機械
Indonesia.png  2015年8/17(月)~20(木)でインドネシアでの販路開拓ツアーを行って参りました。クライアントは印刷業向けの産業機械メーカー様で、現地では代理店候補6社と見込客3社との打合せを行いました。1年前に代理店を開拓したマーレシアの隣の国ですが、市場環境は全く別物でした。詳細はこちら
アメリカ/検査装置
USA.png  2015年4月20~30日で弊社クライアントが北米へ販路開拓の打合せに行かれました。クライアントは検査装置のメーカー様で、以前はタイで販路開拓を行われています。今回は北米で4社との打合せでしたが、移動距離が長く、長期出張となりました。詳細はこちら
アメリカ/測定装置
Berlin.png
 2019年3月17~22日で弊社クライアントが北米へ販路開拓の打ち合わせへ行かれました。クライアントはナノ粒子径測定装置のメーカー様で、今回フィラデルフィアで開催のPITTCON Expo.2019の期間に合わせての訪問となりました。詳細はこちら
メキシコ/防護安全用品
Automotive.png  弊社クライアントがメキシコシティにて開催された産業材の展示会に出展されました。弊社のミッションは展示会を確実に成功させるため、適切な現地の代理店候補との打合せを事前にアレンジすることでした。ただ出展するだけでは、成果は運任せになりますので。詳細はこちら
マレーシア/産業機械
Malaysia.png  2014年6/22(日)~25(水)でマレーシアでの販路開拓ツアーを行って参りました。クライアントは印刷業向けの産業機械メーカー様で、現地では代理店候補4社と見込客4社との打合せを行いました。日本では衰退しつつある古い技術が、マレーシアでは新しい技術として迎えられました。詳細はこちら
メキシコ/自動車部品
Automotive2.png  2013年11月上旬より3週間、日本の製造業様のメキシコ参入に関するフィージビリティスタディのため、現地の潜在的な顧客、提携先、競合との打合せを22件アレンジしました。こちらの企業様はこの訪問によって得た情報に基づき、参入戦略を意思決定されます。詳細はこちら
タイ/検査装置
Thailand.png  昨日、2013年3月に弊社がタイにおける販路開拓をサポートしました検査装置メーカー様より連絡があり、二つの業界におけるそれぞれの代理店二社と契約が締結され、有償のデモ機も納入され、そして販売開始2ヶ月強で既に1台契約直前とのことです。詳細はこちら
インド/医薬品
India.png  本日、2012年末より弊社がサポートした、中堅医薬品メーカー様のインドにおける代理店開拓の案件が成功し、無事契約を締結したとの知らせを受けました。WEB経由でのオファーにそのまま飛びつかず、慎重に判断されたクライアントの合理性が印象に残る案件でした。詳細はこちら
シンガポール/消費財
Singapore.png  2012年3/27(火)~30(金)でシンガポールでの販路開拓ツアーを行って参りました。クライアントは消費財メーカー様で、現地では小売店の視察と7社の代理店候補との打合せを行いました。円高のため日本からの輸出は厳しい条件下にありますが、それでも高付加価値製品に興味をもつ会社が2社あり、これから総代理店契約の提案へ進みます。詳細はこちら

海外販路開拓の詳細・価格

項目 内容 価格
代理店・ユーザー候補調査(リスト作成) 取引先候補となる代理店や見込客のリストアップ。統計資料や企業ホームページ等のセカンダリデータを収集・分析。 1ヶ国
15万円~
代理店・ユーザー候補向けテストマーケティング 候補市場のユーザー候補・ディストリビューター候補の取引可能性を探る調査。営業資料を送付し、反応を聞き、必要があればアポ取り。候補企業へのメール・電話によるヒアリングが中心。 1ヶ国
20万円~
代理店・ユーザー候補との打合せサポート 現地スタッフによる代理店・ユーザー候補への打合せの日程調整、移動手配、同行サポート。通常は2~3日で5~10件程度を訪問。 1ヶ国
15万円~
海外出張
(オプション)
弊社スタッフによる、打合せサポートのための海外出張。
事前の手配、現地での簡易通訳、事後の営業報告を含む。
1日6万円~

*別途消費税がかかります。
*貴社の状況やご要望に応じて範囲・価格は調整可能です。
*対象国によっては、対応できない可能性がございます。

お問い合わせ